単身赴任にかかる生活費

単身赴任にかかる生活費

会社から辞令が下り単身赴任が決まると同時に生活費等の諸経費が掛かってくる事になります。

家族の住む本来の居住地に加えて自らが赴任先で生活する為の費用が発生するという訳です。

 

居住費はいわゆる家賃の事ですので勤務先により優遇される場合がありますから確認しておきましょう。
そして生活に必要な光熱費も当然のことながら二重に発生していくようになります。

 

ガスの場合はプロパンガス・都市ガスとありそれぞれ基本料金が異なります。
食費や通信費(インターネット接続・固定電話料金)も自宅と赴任先で掛かってくるようになってきます。

 

毎日の通勤や休日などに家族の待つ自宅へ戻るといった場合にも交通費が掛かります。
行き来の多さには個人差がありますが赴任先と自宅が遠方であるほどかさんでしまいます。

 

また、赴任先で仕事帰りに飲みに誘われたりする事で交際費も必要になってきます。
趣味・嗜好品に使う為の娯楽費や雑貨購入費も生活の為には必要不可欠になってきます。

 

自分が病気や怪我をした時の医療費・クリーニング代・美容院代など実に様々な費用が必要となるのです。
これらを総計すると単身赴任者の生活費は12〜14万円ほど掛かるというのが一般的だそうです。

 

これだけの諸経費が掛かってしまうのですからある程度余裕が持てるように節約をしていかなければなりません。
単身赴任手当てが受け取れるかどうかは勤務先により異なりますので必ず確認しておきましょう。


トップページ 引越し無料一括見積 インターネット カーリース 安心カードローン