赴任中の住民票はどうするの?

赴任中の住民票はどうするの?

単身赴任が決まった時判断に迷うのが住民票を移すかどうかということです。

家族と一緒に赴任先へ向う場合とは違いますし、赴任先に永住するとは限らないからです。

 

その為住民票を移さず決められた赴任先へ行くという人もいるのだそうです。
ですがたとえ単身赴任による転居でも長期間となる場合は住民票を移す事が法律で定められています。

 

もしこの法律に違反し住民票を移さないでいると罰則に科せられてしまいます。
行政サービスが受けられない可能性もありますので赴任先から自宅へ戻らなければならなくなります。

 

その分の交通費や時間を取られ不便を強いられますので注意して下さい。
この様な事態を避ける為にも住民票の移転手続きはきちんと済ませておきましょう。

 

住民票移転手続きをするのは原則として単身赴任者本人或いは世帯主となります。
もしどうしても単身赴任者本人や世帯主のいずれかが手続きを行えない場合代理人による手続きが可能です。

 

但し、代理人提出が住民票移転手続きを行うには必ず委任状への署名・提出を依頼してください。
そして単身赴任者が赴任先への住民票の移転手続きをする為に必要となるのは転出届と転入届になります。

 

それぞれの記入用紙は各市区町村の役所・市民センター・行政サービスセンターにて記載することが出来ます。
転出届も転入届も提出する場所と提出期限が決められています。

 

出し忘れたり期限に遅れない様に事前確認の上手続きを済ませて下さい。


トップページ 引越し無料一括見積 インターネット カーリース 安心カードローン