赴任先の住居に求めるもの

赴任先の住居に求めるもの

単身赴任が決まった場合、会社によっては専用の住まいを提供される事があります。

しかし、自分で探す場合もあるのでその際何が求められるのかを把握しておきましょう。

 

赴任先では必要以上の経費が掛かるため最重要視となるのが家賃になります。
会社によっては単身赴任手当てが支給されますので生活費と併せて物件を選びましょう。

 

赴任先での通勤に車を使うのであれば駐車場の有無や料金も調べておく必要があります。
家賃の下限から上限金額を決めた後は立地条件についてです。

 

この場合、自分が赴任先から自宅へ帰る頻度の多さにより変わってきます。
通勤と帰宅の繰り返しが中心で帰省もそれほどしないのなら通勤距離を考慮した物件探しをします。

 

これとは逆に帰省頻度が多いという人は通勤距離と帰省距離双方に好条件となる物件を探しましょう。
公共交通機関を使う事にもなりますので最寄の乗降駅や乗り換え回数、所要時間を調べておく必要があります。

 

その他にも赴任先となる居住地周辺の生活施設であったり自然環境のチェックも大切です。
間取りについては1K〜1LDKが一般的とされていますが物件を見つけても即決する前に必ず内覧をしましょう。

 

実際に部屋の広さや収納スペース、生活家電の設置場所等をしっかりと見て確認しておきます。
また、一箇所だけでなく何ヶ所かピックアップして比較するのもいいでしょう。

 

もしペットが欲しい場合は飼育出来る物件をきちんと確認しましょう。


トップページ 引越し無料一括見積 インターネット カーリース 安心カードローン