単身赴任が決まった時の妻と夫は

単身赴任が決まった時の妻と夫は

会社からの辞令が下り夫或いは妻の単身赴任が決まると離れて暮らすことになります。

赴任期間中は赴任先へ行く側も帰りを待つ側もそれぞれの生活環境が気になってしまいます。

 

それが遠距離ならなおさら顔を合わせる機会も減ってしまうからです。
電話やメール、手紙、PCでのテキスト・ビデオチャット(テレビ電話)での連絡が大切になってきます。

 

もし赴任先と自宅との距離が比較的近い場合は休日に自宅へ戻るようにしましょう。
わずかな時間であっても顔を合わせる事ができれば安心できます。

 

これを怠ってしまうと帰りを待ちわびている家族は疎外感を感じてしまいます。
すれ違いの生じた気持ちが家族関係の歪みにもつながりかねません。

 

大切な家族との絆が崩れてしまわないように連絡や帰宅をしていくようにしましょう。
単身赴任をする事により残される立場となる側は家庭より仕事を優先したと感じるようになります。

 

たとえ家族を養うために承諾したのだと本人が思っていてもその気持ちが伝わらない場合があるのです。
実際に単身赴任生活が始まるまで我慢し続けていた感情が後に爆発してしまうといった状況になる人もいるようです。

 

会社によっては家族と一緒に転勤先へ行くか、或いは単身赴任をするのかを選べる場合があります。
その時は夫や妻とじっくりと話し合いをして決断しましょう。

 

もし会社の辞令でやむを得ず単身赴任をするといった場合でも夫や妻に理解してもらわねばなりません。


トップページ 引越し無料一括見積 インターネット カーリース 安心カードローン