赴任中も子供を大切にしよう

赴任中も子供を大切にしよう

単身赴任が決まると離れ離れの生活をする事になり育児に関与する機会が減ってしまいます。

だからといって育児の全てを自宅に残してきた夫や妻に任せきりにしてはいけません。

 

日頃から子供の様子を聞き自分も育児に協力していることを見てもらいましょう。
赴任生活が始まると帰宅を待つ間に育児をしていくのは残された夫や妻です。

 

それをしっかりと把握し、労いの言葉をかけてあげましょう。
子供たちは一日ごとに成長していきます。

 

その為様々なことが起こり病気に罹ったり思わぬ怪我をする可能性もあるのです。
そうなった時父親(母親)としてすぐに駆けつけられるようにしなければなりません。

 

また、連日の勤務で疲労が溜まりゆっくり休みたい時などに相談事をされるかもしれません。
きちんと対応しなければ最悪の場合言い争いになってしまうので十分気を付けましょう。

 

夫や妻から子供の様子を聞いたりある程度成長していれば子供と直接話すのもいいでしょう。
離れて初めてわかる子供の成長や話を聞けるかもしれません。

 

子供への関心がないのは親として最も喜ばしいことではありませんから声を掛けてあげましょう。
そして、子供と一緒に待っている間は親でもある単身赴任中の夫や妻の話をしてあげることも大切です。

 

逐一話をして父親(母親)の存在を薄れさせないようにしてあげましょう。
一番避けたいのは赴任中の夫や妻に対する愚痴です。

 

親へのマイナス感情を持たせない様にして下さい。


トップページ 引越し無料一括見積 インターネット カーリース 安心カードローン