単身赴任における諸手続き

単身赴任における諸手続き

単身赴任が決まると生活する為の場所も当然変わります。

同時に新たな土地での様々な諸手続きをしなければなりません。

 

勤務先で辞令を受けたらまず居住地を確保する事が先決です。
会社によっては単身赴任をする社員の為に専用の住まいを用意している場合があります。

 

しかし、そうでない場合は自分で探し契約をしなければなりません。
単身赴任での引っ越しは家族のいる現居住地は残る為転居先の手続きのみになります。

 

住民票の移転以外にも引っ越し前に住んでいる市・区役所へ転出届の提出が必要となります。
そして、引っ越し先での新たな居住地となる市・区役所へ転入届を提出する必要があります。

 

それらの手続きが済めば、免許証や銀行口座・クレジットカード等の住所変更が可能となるのです。
次に生活していく上で最も必要な電気・水道・ガス等の光熱費を使う為の手続きを各自行いましょう。

 

電力会社・水道局に申込書を提出すれば電気と水道が順次使えるようになっていきます。
ただし、ガスの場合は必ず引っ越し前にガス会社へ連絡をしなければなりません。

 

ガス会社へ利用開始日を伝えておき、当日社員に立ち会ってもらった上で開栓手続きをしましょう。
開栓手続きが滞りなく終了すれば使えるようになります。

 

その他の手続きとしては郵便局へ転送願いをする必要があります。
また、固定電話を使うなら電話会社へ、パソコンを使うならインターネット回線の申し込み等を随時していきましょう。


トップページ 引越し無料一括見積 インターネット カーリース 安心カードローン