こんな物件は単身赴任向きではない

こんな物件は単身赴任向きではない

物件にもいろいろありますが、単身赴任者には向かないものもあります。

自分に合った住みやすい物件を探すようにする事が重要になってきます。

 

はじめに探している物件に社会人が住んでいる割合の高い場所にしましょう。
社会人であれば勤務時間や睡眠時間などがズレるということはありません。

 

逆に学生向けとされている物件の場合、通学やバイトなどをしている時間以外は騒がしくなってしまいます。
特に木造物件などは鉄筋物件とは違いどうしても足音や話し声などの生活音が漏れてしまいます。

 

その為仕事疲れで休みたくてもゆっくり眠れず翌日の勤務に差し支えてしまう可能性があるのです。
宅配物の受け取りなども昼間に家を空けてしまい帰宅が遅くなりがちな単身赴任者には難しくなってきます。

 

不在者票が溜まってしまいその度毎に再配達をしてもらわなければなりません。
物件探しの際宅配ボックスの有無を確認して受取りやすくしておきましょう。

 

また、既に生活している入居者のマナーが極端に悪いところは避けるべきです。
内見の際共用部分を見せてもらいごみ捨てなどのマナーが守られているかを確認しておきましょう。

 

万が一鍵を紛失したり室内の不具合等が発生した場合勤務中に会社を抜け出すわけにはいきません。
このようなトラブルにも即時に対応してもらえるかどうかも物件を見極める判断条件の一つです。

 

以上の事をしっかりと把握した上で単身赴任者に相応しい物件探しをしましょう。


トップページ 引越し無料一括見積 インターネット カーリース 安心カードローン