赴任中は節水も大切

赴任中は節水も大切

赴任中は自身の生活費や光熱費だけでなく家族のぶんもかかることになります。

そのためには節電や節約・節水をして光熱費等抑えていくことが必要です。

 

電気代節約の他にも水道代を節約する方法があるので覚えておきましょう。
ただ、家計節約の事ばかりに目を向けすぎると本来の仕事に差し支えてしまいます。

 

自分に出来ることを一つ一つ始めてストレスを溜めすぎないようにしていきましょう。
炊事・洗濯・入浴など水を使う際には出しすぎや出したままにしないようにします。

 

スーパーによっては店内に飲料水の無料サービスが設置してありますので是非利用してください。
また、浴槽にお湯を張る場合水の入ったペットボトルでかさ増しをしましょう。

 

追い炊きや水を足して温度調節をやり直す事のないように設定温度に注意します。
そしてシャワーだけの入浴をする日を決め、節水用のシャワーヘッドに付け替えると便利です。

 

残り湯は洗濯用として使ったり浴槽や浴室掃除のときに利用しましょう。
洗濯の際は水道代節約そして電気代節約のためにもまとめて洗うようにしましょう。

 

トイレの場合は‘小’と‘大’のレバーでそれぞれ流れてくる水量が変わります。
その時の体調などにもよりますが必要に応じてレバーを上手に使い分けるようにしましょう。

 

このように光熱費のひとつである水道代を抑えるための様々な方法があります。
実践しながら生活をしていくことで単身赴任期間中の水道代は節約できます。


トップページ 引越し無料一括見積 インターネット カーリース 安心カードローン